DeepL Logo

ニュースリリース:DeepLが世界で最も革新的なIT企業のひとつとして、「Forbes AI 50」に選出

言語AIの分野を牽引するDeepLは、Forbes誌によってAI分野の有望なイノベーターとして評価されました。当社は世界の10万社以上の企業でコミュニケーションに変革をもたらしています。

2024年4月12日 ケルン(ドイツ) 言語AIのグローバル市場を牽引するDeepLは、2024年の「Forbes AI 50」に選出されました。今年の選定では、組織と消費者双方の生産性向上に貢献している企業に注目が集まりました。世界中の企業が最新のAI技術を急速に取り入れ事業運営の強化と成長の拡大に取り組む中、DeepLは10万社を超える企業からグローバルなコミュニケーションに欠かせないパートナーとして信頼され、AI業界における地位を確固たるものにしてきました。

ニュースリリース:言語AIの成長を促進すべく、DeepLに新たな経営陣が参加

ServiceNowやFARFETCHで豊富な経験を積んだ人材が、DeepLの法務および人事チームに新たに加わりました。

2024年4月10日 ケルン(ドイツ) 言語AIのグローバル市場を牽引するDeepLは、急速に拡大する経営陣に新たに2名を迎えたと発表しました。DeepLはFrankie Williams(フランキー・ウィリアムズ)を最高法務責任者に、またSally Sourbron(サリー・サーブロン)を最高人事責任者に任命しました。彼らの豊富な経験とリーダーシップを活かし、DeepLの基盤となる経営陣の強化を図ります。

ニュースリリース:DeepL、米国市場での利用拡大を受け、初の米国オフィスを開設

DeepLは同社にとって3番目の規模を誇る米国市場が、AIコミュニケーションツールに対する企業の投資拡大を受け、今後大きく成長すると見ています。

2024年2月22日 ケルン(ドイツ)、テキサス州オースティン(米国)グローバルなAIコミュニケーション・翻訳企業のDeepLは2024年2月22日、テキサス州オースティンに米国初のオフィスを開設したと発表しました。新オフィスの開設は、DeepLにとって第3の規模を誇る米国市場への継続的な投資の意向を示したものであり、正確かつ信頼性の高い安全な多言語コミュニケーションを通して世界中の企業をサポートするという、同社の使命をさらに前進させるものです。

ニュースリリース DeepLが対応言語にアラビア語を追加

DeepLが翻訳ツールの対応言語にアラビア語を追加しました。これはDeepLにとって初めての右から左へ読み書きする言語であり、今回の追加によってDeepLは4億人以上にのぼる世界のアラビア語話者に翻訳サービスを提供できるようになりました。

2024年1月25日 ケルン(ドイツ) AIコミュニケーション業界をけん引するDeepLは翻訳プラットフォームにアラビア語を正式に追加したと発表しました。世界で5番目に話者の多いアラビア語は、DeepLを愛用するユーザーから最も要望の多かった言語のひとつです。DeepLの対応言語の中で初めて右から左に読み書きする言語でもあるため、技術的な面で当社にとっても画期的な成果となりました。

ニュースリリース:DeepL、新たに25の国と地域で有料サービスのDeepL Proを開始

高品質なAI翻訳によって、より多くの企業でこれまで以上に迅速なグローバル展開が可能に 2023年12月19日 ケルン(ドイツ) AIコミュニケーションの世界をけん引するDeepLは、有料サービスである「DeepL Pro」のサービス対象地域を大幅に広げました。合計で25の国と地域を追加したことで、より多くの企業が高精度でセキュアなAI翻訳ツールを利用し、ビジネスのグローバル化を目指せるようになりました。

ニュースリリース:DeepL、韓国で有料サービスのDeepL Proを開始

2023年8月17日 ケルン(ドイツ) AI技術でグローバルなコミュニケーションを促進するDeepLは、韓国で有料サービスのDeepL Proを開始することを発表しました。DeepL Proは、精度の高いAI翻訳に加え便利なツールも使用できる有料のサービスであり、企業や組織、個人でご利用いただけます。  

ニュースリリース:DeepL、ヨーロッパで最大規模のNVIDIA DGX H100 SuperPODを導入

社内での研究およびニューラルネットワークのトレーニング強化のため、NVIDIAの最新技術を導入

2023年8月1日(ケルン、ドイツ) AI技術でグローバルなコミュニケーションを促進するDeepLは、NVIDIA DGX SuperPODの導入によりAI翻訳およびコミュニケーションのサービスを強化することを発表しました。

ニュースリリース:DeepLに新たな経営陣、グローバルなビジョンで事業を加速

DeepLは、業界を牽引する人材を経営陣に加え、世界各地のより多くの企業にAI翻訳サービスを提供していくことを目指します。

2023年7月10日(ケルン、ドイツ) AIを活用してコミュニケーションを促進するDeepLは本日、Mike Boyarski(マイク・ボヤルスキー)が最高マーケティング責任者(CMO)に、David Parry-Jones(デイヴィット・パリー=ジョーンズ)が最高収益責任者(CRO)に就任したことをお知らせいたします。新たな経営陣を迎え、今後一層グローバルな事業拡大を目指します。

ニュースリリース:DeepL、日本法人「DeepL Japan 合同会社」を設立 国内での継続した事業の拠点として、世界最高レベルのAI翻訳を より深く日本のビジネスへ

最先端のAI技術でコミュニケーションに革新をもたらすDeepL(本社:ドイツ連邦共和国ケルン市、CEO:ヤロスワフ·クテロフスキー、以下DeepL)は、このたび同社の日本法人となる「DeepL Japan 合同会社( DeepL Japan G.K.)」を設立したと発表しました。

ニュースリリース:DeepL翻訳に韓国語とノルウェー語(ブークモール)を追加

人工知能でグローバルなコミュニケーションを後押しするテック企業のDeepLが、韓国語とノルウェー語(ブークモール)に対応しました。これにより合計31言語で翻訳できるようになりました。 

ニュースリリース:AI搭載の文章作成サポートツール、DeepL Writeが新登場

2023年1月17日 ケルン(ドイツ)

AIでコミュニケーションを後押しするヨーロッパ発の企業DeepLは、本日DeepL Writeのベータ版のリリースを発表しました。AIを搭載したDeepL Writeは、明瞭かつ正確な文章を作成するためのサポートツールです。

ニュースリリース:DeepL、新たな投資提携を受けAI研究を高度化へ

2023年1月11日 ドイツ・ケルン

ドイツのAIコミュニケーションのグローバルリーダーであるDeepLは、本日、新たな投資ファンドとしてIVP、Bessemer Venture Partners、Atomico、WiLと提携することを発表しました。この提携により、DeepLは研究開発を加速する他、提供する製品の拡大、チームの継続した成長に取り組み、世界中の個人や組織のコミュニケーション方法をさらに変革してまいります。

ニュースリリース:DeepL翻訳にウクライナ語を追加

2022年9月14日 ケルン(ドイツ)

DeepLの翻訳サービスにウクライナ語が加わり、合計29言語で翻訳できるようになりました。ウクライナ語は、今年最も多くのリクエストが寄せられた言語です。DeepLのエンジニアと言語エキスパートのチームは、一刻も早くウクライナ語の翻訳サービスをお届けできるように開発とリリース準備を加速させました。

ニュースリリース:DeepL翻訳にトルコ語とインドネシア語が仲間入り

2022年5月25日 ケルン(ドイツ)

ドイツ発の大手AI企業DeepLの翻訳サービスに、トルコ語とインドネシア語が加わりました。DeepL翻訳はヨーロッパですでに人気を確立しており、世界中でユーザー数を増やし続けています。トルコ語とインドネシア語が加わったことで、合計28言語、650通り以上の組み合わせで翻訳できるようになりました。

ニュースリリース:DeepL、ISO 27001の認証を取得

2021年1月19日 ケルン(ドイツ)

翻訳技術に革命をもたらす最先端のAI企業DeepLは、翻訳ソフトの開発、運用、配布に関して、国際標準化機構(ISO)27001の認証を取得しました。

ニュースリリース:新機能の「用語集」でDeepL翻訳をカスタマイズ

2020年5月6日 ケルン(ドイツ)

ドイツ発のAI企業DeepLは、いかなる場合も最高品質の訳文を作り出せるように、DeepL翻訳をカスタマイズできる初のツール、「用語集」をリリースしました。特定の用語の訳し方を用語集で定義すると、DeepL翻訳はこの定義に従い訳文を作ります。用語集には、名詞、動詞、形容詞、副詞の他、複数の単語から成る表現も追加でき、DeepLのアルゴリズムが語法を整えたり前後関係の整合性をとったりして、一貫性や表現の滑らかさを損なうことなく訳文を作ります。

ニュースリリース:DeepL翻訳に日本語と中国語を追加

2020年3月19日 ケルン(ドイツ)

ドイツの最先端AI企業であるDeepLは、ご要望の声が多かった2つの言語、日本語と中国語をDeepL翻訳に追加しました。

DeepLは、世界最高レベルのAI翻訳を提供する企業として、ヨーロッパとアメリカ大陸ですでにその名を知られています。今回、長期間にわたりリサーチを重ねた結果、アジアで最も使用人口の多い2言語を追加できる運びとなりました。この2言語においても、他の機械翻訳システムより優れた品質で訳すことができます。DeepLのCEOであるJaroslaw Kutylowskiは次のように話しています。「中国と日本は、経済面でも文化面でも非常に重要度の高い国です。日本語と中国語を追加するというのは、長い間私たちの目標でした。この2つの言語でも、DeepLが求める翻訳基準を満たす訳文を作れるようになったことで、世界中の人々がつながりを深められるように探究を進める道半ばにして、重要なマイルストーンを達成できました」

ニュースリリース:DeepL、AI翻訳の品質でさらなる躍進を遂げる

2020年2月6日 ケルン(ドイツ)

ドイツ発のスタートアップ企業であるDeepLは、翻訳品質を格段に向上させた新しい翻訳システムを公開しました。当社の人工知能は、以前の翻訳技術を遥かに凌ぐ性能を誇ります。www.DeepL.comで無料でご利用いただけます。

ニュースリリース:DeepLによる新しい翻訳のカタチ

2019年9月12日 ケルン(ドイツ)

ドイツにある最先端のAI企業DeepLからお知らせです。WindowsとMacのオペレーティングシステム(OS)にDeepL翻訳を組み込めるようになりました。毎日70億文字の訳文を提供しているDeepL翻訳のアプリが登場したことで、より多くの人に高品質の翻訳を活用していただけます。必要な時にささっとDeepLの翻訳技術にアクセスすれば、作業スピードが上がります。

「高品質の翻訳に対するニーズはウェブサイト以外にもあるわけですから、ウェブサイトを使わなくても翻訳できる方法が必要となります」とCEOのJaroslaw Kutylowskiは語ります。「DeepLユーザーの翻訳手順を調べ、DeepLをさらに効率良く使ってもらえるようなツールを開発しました」

ニュースリリース:DeepL 対応言語を追加

2018年12月5日 ケルン(ドイツ)

DeepLは本日、世界一高性能なAI翻訳サービスに新たに2言語が加わったことを発表しました。新たに利用可能になったのは、使用人口が多く影響力の大きなロシア語とポルトガル語です。

世界中から多数の要望を受けて、ポルトガル語の追加が実現しました。これにより、ポルトガル語を使用する2億3千万人が言葉の壁を超えられるようサポートできるようになりました。 DeepLのニューラルネットワークは、何百万ものテキストを使ってトレーニングを続けています。ブラジルとヨーロッパの双方で用いられるポルトガル語の語彙を豊富に蓄え、細かなニュアンスも表現することが可能です。

ロシア語は、ラテン文字以外を使う言語としてDeepLが採用した第一弾です。 分かりやすく正確な翻訳をするにあたり、キリル文字は障壁にはなりませんでした。DeepLの翻訳は、Google翻訳はもちろん、ロシアの大手Yandexの翻訳をはるかに越える高レベルのものでした。 ロシア語を使う2億6千万人以上の人々が世界とつながり合える、強力な翻訳システムが誕生しました。